2010/9/15 水曜日

税務調査官の数は

Filed under: 余談, 税務調査の準備 — 初心者 @ 9:50:22

山口大学が税務調査によって、大学教授が不正をしていた事件がありましたね。
税務調査によって目をつけられ、様々な内部調査でいろんなことが発覚してました。
5年間程度の間に実験用の物品を購入したとみせかせて、パソコンやデジカメ800点あまりを納品させていたそう。
そのパソコンやデジカメはどこにいったのでしょうか。元大学教授はパソコンは実験に使用したあと、捨てたと言っているそうですが。
おおよせ1億3000万円分の偽装購入が税務調査によって発見されたそうです。
5年間で1億3000万円とはすごいですね。
転売していたのでしょうか。そのコミュニケーション第三者の手にパソコンが渡っていることが取材等でわかっているらしいですが。
税務調査で不正をつきとめて、そのパソコンの製造番号等で調べたところ、アフターサービスを受けるためのユーザー登録をしている大学以外の人がいて30台の使用者は把握しているそう。
転売した相手がわかっているにも関わらず、元教授は、パソコンを電子レンジで加熱するほか、冷蔵庫で冷やしたりする実験で内部にあるLEDの耐久性なんかを調べてて、壊れたものは廃棄したとかなんとか。
残念な話です。

9月になって私のまわりでも税務調査の話をチラホラと聞くようになりました。
最低資本金が撤廃され会社の数も不況とはいえ増えてはいると思います。
しかし、税務調査官の数はほとんど変わっていないそうです。
一度税税務調査があると、3~4年くらいおきに会社を定期的に税務調査に行きたいところですが、結構期間があくことが多いように感じます。
でも、それをラッキーとして捉えるのはどうかなと思います。
それをわかっていても、税務処理に関しては、きちんと誠実にやるべきです。
これはどうかな。。。というグレーなと部分は今一度確認してきちんとした会計処理を行っていきましょう。

2010/8/23 月曜日

税務調査のポイント

Filed under: 税務調査の準備 — 初心者 @ 14:59:17

お盆も過ぎたというのに、毎日35度超えの暑さで、いくら元気な私も、少々夏ばて気味です。
先日久しぶりに同窓会があって、少しパワーをもらってきました。
そのときに経営者となっている人が本当に多くてビックリしました。
参加された先生方も、みんな立派になって・・・・と感激してましたね。
本当にこの不況でありながら、結構羽振りの良い方がたくさんいたのが印象的でしたね。

その中のひとりは、税務調査がやっと終わって。。。
とお疲れの様子でした。
初めての税務調査で、何がなんだかわからないまま、税理士さんもお願いしているし、そうそう問題もないだろうと思っていたそうですが、しっかりともってかれたそうです。
期末の〆の後の売掛金の計上もれの件です。
例えばお客様の請求が25日だとして、26日から決算日までの納品分の売掛金は本来翌月の請求書となりますが、その分がきちんと期末までに計上されていなかったとのこと。
税務調査では必ず見られるところですね。

税務調査では売上、仕入れ、在庫に関しては注意が必要です。
この項目は税務調査ではとくに時間をかけて調査されます。
売上が期末に計上しなければならないものがきとんとされているか、仕入れは前倒しで計上されていないか、期末の仕入れのたな卸しできちんとされているか、注意が必要ですね。
決算直前の仕入は、売上が計上されていない場合には、在庫での計上が必要となってきます。
きちんと税務調査の対策をしておきましょう!

2010/5/10 月曜日

そろそろ、時期です

Filed under: 税務調査の準備 — 初心者 @ 11:48:27

ゴールデンウィークという大型連休も明けて世の中の企業のほとんどが動き始めましたね。
暖かくなって虫さんたちも活発になってきましたが(迷惑)この時期に動き始めるのは虫だけではなく・・・税務調査も今の時期からですよ~って虫と一緒にしたら怒られますね(汗)
毎年5~6月ごろから始まります。みなさん方の準備はどうですか?以前にもお話ししましたが、今の時期に行われる調査は比較的問題の少ないであろう企業が多いのです。実施調査率をあげるために簡単に済ますことのできる企業を選んで件数を稼ぐ・・・みたいな感じですかね。この時期に来てもらえるのであればある意味『シロ』と判断されているところ??と調子に乗った考えで言ってみましたが、課税庁の締め切りや定期異動の関係で長期に渡っての調べることが困難な場合があるので、短時間で終わらせることが可能と判断された企業が比較的選ばれるようです。
8月以降になると時間が出来ますのでじっくりと調べたいトコロにはこの時期になるようですよ!!8月に来たからといって疑われている?!と不安になることもなく・・・

申告書の仕上がり具合で時期が決められる、見抜かれるというのもあるようで・・・。
ただし、これらは一般論みたいなものですから今の時期に来たからといって手を抜いてくれるというものではありませんよ。どの時期に来ようが甘くはありません!ご注意下さい。
みなさんのところは大丈夫ですか?日頃からしっかりとした管理が出来ていれば大丈夫なはず・・・
抜かりのないように!!

2010/3/8 月曜日

税務調査の日時を変更するときの注意点について

Filed under: 税務調査の準備 — 初心者 @ 9:17:50

こんにちは。春めいてくると心配なのは税務調査・・・。それは私だけでしょうか。笑
毎年のコトながら、『今年は入るかなぁ』と考えてしまうのは、経営者であれば当然ですよね。

本当に調査が入るときは、たいていは税務署から事前に連絡を受けることが多いので、普段からの心構えが出来ていれば、焦ることはありません。もちろん、先方は日時を指定してきますので、その日に調査を受け入れられるという場合は、OKするほうがよいと思います。
当然、税務署は無理強いをするわけではありませんので、出張や、大切な顧客との打ち合わせなど、既に予定が入っている場合などは、その事実を正直に伝えれば税務署は調査日を変更してくれると思います。そのための事前連絡ですから、そこは心配する必要はありませんよ。

ただ、明らかに作為的な場合で、『いかにもなにか隠しているのでは・・・??』と、税務署に疑われてしまうような理由で、調査日時を変更するのはNGです。たいした理由ではないのに、税務調査をムダに引き延ばせば、税務署側もあまりいい印象を持たないでしょうし、後日実際にやってきたときに、不要にいろんなことを多く調べられてしまう可能性だってあります。そこはやはり、人間 VS 人間。 いくら税務署といえども、普通に感情を持った人たちですから、不快感を与えるようなことはなるべく避け、事前通知で先方が示したスケジュールで問題がなければ、その日程はすんなり受け入れるという姿勢も大切かも知れません。

2009/12/2 水曜日

毎月ごとに税務調査をやるつもりで

Filed under: 税務調査の準備, 対策 — 初心者 @ 9:11:59

こんにちは。12月になりましたね。この季節になると、1年が過ぎるのは本当に早いと、毎年ながら思ってしまう筆者です。さて、あなたの会社には税務調査は入りましたか?なかには今年、税務調査がやってきて、修正申告を求められた、という方もいるかもしれませんね。

さて、この修正申告ですが、先に申告した内容が間違っていて、追徴の税金の支払を求められるものですよね。税務調査などで良く指摘される項目です。でも、企業によっては『会計事務所にお願いしてるから、税務対策はばっちりのはず!』と考えられていることもあると思います。
しかしながら、会計事務所が介入しているかどうかは、税務調査にはまったく関係ありません。逆に言えば、会計事務所が入っているのに、税務調査で修正申告を求められた、なんてことになれば、ある意味恥ずかしいことですね。そんな事態は避けたいものです。

だから、毎月やっている月次決算時に、内部で税務調査をやるつもりで内容をしっかりと押さえておく、という考え方も重要です。税務調査で問題になりそうな事を、その都度解決しておけば、その年に税務調査がやってこなくても、2年後、3年後には必ず役に立つはずです。
もちろん、税務調査で納得のいかない修正申告を求められたら、そのときはしっかりと税務署と戦うという方法もあります。ですが、税務調査で指摘はできるだけされたくないもの。とにかく、事前にしっかりと対策を行っておくことが重要だと思いますよ。

2009/10/2 金曜日

税務調査を省略してもらう方法

Filed under: 税務調査の準備, 税務調査の流れについて — 初心者 @ 9:23:27

こんにちは。今回は表題の件、税務調査を省略してもらう方法があると聞きましたので、ちょっと調べてみました。税務調査は何かと準備も大変ですし、調査員の方が会社にいると、仕事も手につかないこともありますよね。税務調査はどんな風にすれば省略してもらえるのでしょう?
それにはまず、会社に顧問税理士がいて、税務代理権限証書が提出されていなければいけません。そうすると税務調査について、税理士に連絡が来ますので、日程を調整して調査がスタートとなります。

この場合、まずは添付書面(税理士法第33条の2第1項に規定する添付書面)というものを提出します。
具体的にその添付書面とはどういったものかというと、
・収益や費用をどのような基準で計算し、整理したか
・会計処理を変更したか、変更した場合はその理由
・例年に比べて、著しく増減した項目についてその理由
・納税者からどんな相談があって、どのように応じたか
など、税理士が納税者の帳簿等をどれだけ確認して、どう考えて確定申告書を作ったということを証明する資料を添付すれば、税務調査の前に、税理士に対して意見聴取を行います。

意見聴取は、税理士が税務署に行き税務署で行われます。その結果、問題がなければ税務調査は省略されますし、もし「税務調査の必要がある」と税務署が判断すれば実行されます。調査省略は楽ちんではありません。書面添付は手間はかかりますが、それでも心理的な負担は軽減されるかもしれませんね。絶対に税務調査が省略されるわけではないですが、やってみる価値はあるかもしれませんよ!

2009/7/2 木曜日

FXの税務調査

Filed under: 税務調査の準備 — 初心者 @ 9:18:37

最近よくインターネットなどでFX取引(外為証拠金取引)の広告を見かけますね。FXをしている人も、年々増加傾向にあるようです。それだけにFX取引の所得を申告していないという人もかなり増えているようで、その申告漏れによる所得金額が、億単位というから驚きです。
もちろん税務署も黙っているはずはなく、FX取引の調査にはかなり力を入れているよう。
無申告や過少申告で、税務調査が入り、その後に追加申告をすれば、本来の税金にペナルティーの加算税、延滞税等がかかってきます。

加算税についておさらいをしますと、
無申告加算税であれば、追加の税金×15%、過少申告加算税は追加の税金×10%、重加算税になると、なんと追加の税金×35% となってしまいます。
ちなみに延滞税は、追加の税金×最大年14.6%(早く申告すればするほど利率は低くなります) となり、追加の税金が大きいと、そのペナルティーも大変な金額になってしまいます。

実際に、FXの税務調査が入った人によると、税務署から過去3年分の年間取引報告書の提出を求められたそう。どうやら証券会社で、年間取引報告書は再発行してもらえるらしいのですが、結構面倒だったとか。証券会社から有料で元帳を取り寄せたり、WEBで期間を指定して自分で損益を計算するはめになったとか。
もし、FXをやっておられる方で『損益が小さいから大丈夫だろう』なんて思っておられる方がいたら、税務調査に突然入られた時のためにも、年間取引報告書はまとめておいたほうがいいですよ。

2009/5/7 木曜日

はじめての税務調査♪ その1

Filed under: 税務調査の準備, 税務調査の流れについて — 初心者 @ 9:34:13

ゴールデンウイーク明けですね。お仕事がスタートした、という方も多いのではないかと思います。
さてさて、確定申告が終わったのが、ついこの前だったのに、あっという間に
税務調査の季節。早いですね。
税務署は待ってましたとばかりに、確定申告が終わったら税務調査を開始してくるのです(>_<)

税務調査って、別になんにも後ろめたいコトがないのに、
受ける側としては何とも気が重いものですよね・・・。

今日は、いままで税務調査を受けたことがない!という方のために、
ちょっとおさらいになりますが、税務調査の基本的な流れ、そして大切な注意点など
ご紹介していきたいと思います(*ゝ∀・*)-☆

●税務調査の日までにやっておくこと●

まず税務調査をしますよ~という連絡が電話などで入ってきますので、
いったんそこで、調査を受ける日をいつにするか、決めることになります。
会社の予定や都合など、忙しい時期にきてもらっても準備できませんよね。
ここはある程度、柔軟に対応してもらえますので、もし税務調査の書類の準備にちょっと時間がかかるなら
調査の日を先にずらしてもらうってことは可能です。

この時かならず、調査官の担当部署を確認しておきましょう。
その調査が一般調査か、特別調査なのか、わかりますよ。
一般調査は、通常3~5年ごとに行われる定期的な調査です。
一方、特別調査は、何か特定の理由があって調査が行われることが多いよう。

そして、
・過去3年分程度の総勘定元帳等の書類
・税務調査場所
を準備しましょう。

もちろん、書類に不備がないかチェックするのはもちろんですが、金庫等も確認されることがあるので、
しっかり整理しておきましょう。

2009/4/2 木曜日

税務調査が入りやすい会社?

Filed under: 税務に対する考え, 税務調査の準備 — 初心者 @ 9:59:56

4月になりました!とうとう桜が咲き始めましたね!!
桜の季節はなんだか浮かれ調子になってしまいません?日本人ならみんなそうだと思います!笑

で、浮かれていられないのが税務調査の季節・・・(-_-;)
税務署は7月が人事異動の時期です。また年始の確定申告時期も忙しくなるので、その時期を避けてでしょうか?3月から5月と、8月から12月ぐらいまでというのが、税務調査が入りやすい時期なんですよね。
つまり、今がちょうど税務調査のシーズン!今年はうちの会社、大丈夫かなぁ・・・。

『税務調査が入りやすい会社』は、確率で言えばあるようですね。
税務署の税務調査といっても、人員は限られてるから、その中でも効率良い税務調査をするために
ちゃんと下調べ、準備調査をしているそう。つまり、それなりに狙いを定めているんです。

好調な業種や流行りの業界は税務調査対象として狙われやすいとよく聞きますが、
基本的に税務調査が入りやすい会社の特徴を、以下に記してみました!

1)不正をやっているという噂がある。
2)無申告なのに、事業活動をかなり行なっている。
3)設備投資が盛んに行なっている。
4)欠損金の繰戻し還付請求を行なっている。
5)以前調査をした会社と取引関係がある。
6)銀行等からの借入金が多い。

あと、会社が赤字なら、税務調査が無いという噂もありますが、あれはウソ!!
消費税や源泉所得税など、赤字でも発生する税金もあるので、赤字会社でも税務調査が実施されることもあります。あくまで、参考程度の情報ですし、常にちゃんと税務調査対策は意識しておきましょう。

2008/7/3 木曜日

税務調査の準備

Filed under: 税務調査の準備 — 初心者 @ 11:22:32

税務調査の準備は・・・

◎帳簿書類の保存
会社が、作成したり受け取ったりした証憑書類やそれらを整理した帳簿類については、税務調査を受けたり、後で調べるときなどのためにきちんと整理しておく必要があるそうです。
特に青色申告法人については、一切の取引を複式簿記の原則に従って整然かつ明瞭に記録し、その記録に基づいて決算を行うことが要求されているため、
仕訳帳や総勘定元帳に取引の内容が明らかになるよう記録しておくとともに、基礎資料となる書類を申告書提出期限の翌日から7年間若しくは5年間保存しておかなければなりません。
ただし、この7年という期間は、法人税で偽りその他不正の行為があった場合に遡及して更正・決定等ができるという期間であり、商法上は、商業帳簿及び重要書類は10年間保存することになっているそうです。

我が社は3年しかたっていないけど、10年間も保存しなくちゃいけないから書庫の中は書類でいっぱいになりますよね。書類置き場も考えなくてはいけないですね^^;

その他準備としては、過去の申告の中で、調査が重点的に行われる思われるところや対策が必要な部分の列挙と税務当局への対応の方針なども税理士さんと話して固めておくと良さそうです。