2009/11/4 水曜日

事前の連絡の有無について

Filed under: 税務に対する考え — 初心者 @ 9:13:01

こんにちは。税務調査の事前の連絡について今日はお話しましょう。
税務調査の経験がある人は、ご存知だと思いますが、たいていは税務署から「税務調査を行いたいのですが・・・。」と日時の段取りをするために、事前の税務調査の連絡がありますね。しかし、まったく連絡ナシに、税務調査に突然やってくるという場合も、実際にあるようです。この差はいったいどこから来るか、ご存知ですか?

税務調査を行うときには、原則として「税務調査の対象となる会社や個人に対し事前に通知すること」と決められているそうです。しかしこれは、税務調査の日時を事前に連絡することが、けっして税務調査を実施する上で問題がないと認められる場合、またむしろ税務調査の連絡を事前に入れておいたほうが、作業が効率的になると考えられる場合に限られるようです。

つまり、不正をやっている企業や個人であれば、「税務調査に行きますよ!」と連絡をすることで、隠蔽したりする可能性があり、このようなケースだと、税務署側も間違いの指摘が困難になってしまいます。こういったときには、事前の連絡無しで、いきなり税務調査が入ることがあるようです。これは、現況調査とも言われ、証拠隠滅や不正の恐れがある現金売上が主な職種に多いそう。実態と証拠を押さえるために強引に行われるそうですよ。
しかし、通常通り、正しく業務を行っていれば、税務調査は決して怖いものではありません。別に悪いことをしているわけではないのですから、落ち着いて調査を受け入れてみてくださいね。きっといろいろ勉強になりますよ!

2009/4/2 木曜日

税務調査が入りやすい会社?

Filed under: 税務に対する考え, 税務調査の準備 — 初心者 @ 9:59:56

4月になりました!とうとう桜が咲き始めましたね!!
桜の季節はなんだか浮かれ調子になってしまいません?日本人ならみんなそうだと思います!笑

で、浮かれていられないのが税務調査の季節・・・(-_-;)
税務署は7月が人事異動の時期です。また年始の確定申告時期も忙しくなるので、その時期を避けてでしょうか?3月から5月と、8月から12月ぐらいまでというのが、税務調査が入りやすい時期なんですよね。
つまり、今がちょうど税務調査のシーズン!今年はうちの会社、大丈夫かなぁ・・・。

『税務調査が入りやすい会社』は、確率で言えばあるようですね。
税務署の税務調査といっても、人員は限られてるから、その中でも効率良い税務調査をするために
ちゃんと下調べ、準備調査をしているそう。つまり、それなりに狙いを定めているんです。

好調な業種や流行りの業界は税務調査対象として狙われやすいとよく聞きますが、
基本的に税務調査が入りやすい会社の特徴を、以下に記してみました!

1)不正をやっているという噂がある。
2)無申告なのに、事業活動をかなり行なっている。
3)設備投資が盛んに行なっている。
4)欠損金の繰戻し還付請求を行なっている。
5)以前調査をした会社と取引関係がある。
6)銀行等からの借入金が多い。

あと、会社が赤字なら、税務調査が無いという噂もありますが、あれはウソ!!
消費税や源泉所得税など、赤字でも発生する税金もあるので、赤字会社でも税務調査が実施されることもあります。あくまで、参考程度の情報ですし、常にちゃんと税務調査対策は意識しておきましょう。

2009/2/8 日曜日

初心者仲間見つかる

Filed under: 税務に対する考え — 初心者 @ 0:04:19

先日、高校時代の同窓会があり、旧友と飲み明かした際に、税務調査があって大変だったことなど愚痴ってみると、
「それだけで、どうしてそんなにあわてるの?M(私のこと)の会社はヤバい経理の処理してるの?」って聞かれてしまいました。

とんでもない!!私の勤めている会社はいたって健全な経理処理をしていて、前回の税務調査の結果だって多少の修正点はあったけれど、それだって税務官との認識の差から出てきているものであって、優良企業です。
旧友の考え方は、すっごく偏見的で、税務調査が入る=脱税しているなんですよ!
それはどう考えたって査察のことですよね!!
私も少し前までは税務調査のぜの字も知らないような人間だったから人の子といえないかもしれないけれど、こんな場からうちの会社に対して変なうわさ話が出てもらっては困るので、きっちりと説明させていただきましたよ。うちの会社はシロですよ!
o( ̄・・ ̄o)))=3
ちょっと前の私とは大違いですよね。

まあ、友人は仕事柄現場ですので、総務関係とは掛け放ている場所での仕事ですから、税務調査に対する認識が殆ど無くても仕方がありませんよね。
でも、私の話を聞いて、少しだけ経理に興味がわいてきたみたい。
「ふーん。今度会社の総務の子にうちの会社でもそんなこと今まであったのか聞いてみようかな」
だって。
ここにも、税務調査に興味を持ち始めている初心者さんが誕生しそうですね。
私の影響で、税務調査に興味を持ち始める人が出てきてくれれていることが、ちょっとうれしいです。

2009/1/8 木曜日

税務調査明けボケ

Filed under: 税務に対する考え — 初心者 @ 10:31:14

新しい年になり、経理関係の人は気持ちも新たに税務処理に勤しんでいらっしゃることかと思いますが、私の方は税務調査が無事済んだことで、すっかり気が抜けてしまっている状態です。

調査が終了しているからと言って、全くのおとがめなしということはまずありえないわけで、修正すべき点をしっかりと指摘されているし、私も今後の処理をしていく上で改善しなくてはならないことが沢山あるのですが、どうも仕事をしていても「しっかりしなくては!」と気を引き締めていけていないのが現状です。
おそらくはプチ燃え尽き症候群にでもなっているんでっしょうかね。

燃え尽きるほど情熱をそそいできているわけではありませんが、それでも私なりに税務調査は緊張したし、連絡が来てから資料整理やなんやかんやで連日のように残業て頑張っていたので、緊張の糸が切れているのでしょう。

こんな緊張することを一手に引き受け、同席し、アドバイスすることを生業としている税理士さんてホントすごいの一言にすぎますね。
まあ、調査する側の税務官の方だって、すごいんですけどね。

今朝も見かけたのですが、私の家のすぐ近くに個人で経営している税理士の先生がいらっしゃるのですが、おそらくは見習税理士だろう若い男性と、事務員さん二人が毎日朝早くから玄関の掃除に勤しんでいらっしゃいます。
毎日げた箱を外に出して水洗いしているのですよ。
すごい徹底ぶりですよね。

それだけ、税務処理をしていく上で整理されている環境とは大切だと言うことなのでしょうね。
よーし、私も頑張るぞ!

2008/12/10 水曜日

学校で学ぶべき知識

Filed under: 税務に対する考え — 初心者 @ 10:14:21

皆さんは税務調査についてあまり知らない頃、どのようなイメージをお持ちでしたか?

以前の私は真っ先に疑ってしまうのが脱税でした。
学生時代のことでもあるし、税金のことなんて知っていてもせいぜい消費税くらいですから、そのような短絡的な考え方になってしまうのかもしれませんが、あの時代、税務調査と言う単語を耳にするのは大概新聞やニュースなどでですから、
「国税局が〇〇商社に税務調査に入り、〇億円の脱税が・・・」
という感じの内容からでしか税務調査と言うキーワードが耳に入ってこなかったからでしょう。

自営業をしている叔父の家に税務調査が入ったと聞いた時には随分と叔父を軽蔑したものです。
羽振りのいい商売をしていたので、多少の修正申告をしているようでしたが、それでも、私の税務調査=脱税 という安直な考え方はマズイですよね。
商業化の学校でなくても、中学か高校の総合学習の授業で習っておくべきことなのではないでしょうか。
だって、中には中学や高校を卒業と同時に就職する人も多くいるのですから、税務調査と言うことを社会人になって初めて教わるのではなく、予備知識として学生時代に知っておいた方が絶対いいと思うんです。

私みたいなおバカさんは、他にも絶対いるはずですからね!!
受験だ入試だと頭に詰め込み授業をする前に、パソコンやインターネットの取り扱い方を習うのと同様に、こういった一般常識をもっと学校で教えるべきなのではないでしょうか。

2008/9/12 金曜日

税務調査の時期

Filed under: 税務に対する考え — 初心者 @ 10:55:25

税務署が入る時期によって修正申告等が多いかどうか推測できるんだそうです。

税務署の事務年度は毎年7月~翌年6月末日の区切りになっています。
そのため、5~6月に行うものには実施調査数のノルマ達成のための『数稼ぎ』の可能性があります。
従って、短期間で終了できる様、問題点の少ない事業所を選んでいる可能性があるのです。

逆に、移動や引継ぎが終わり、じっくりと時間を掛けて行える8月~11月は問題点の多そうな事業所に対して行っている可能性が高いです。

さて、世知辛い世の中、上司から節税のための更なる知識を税理士さんから聞いてこいとのお達しがあったので、次回来社の際にお話が聞けるよう、おいしいお茶菓子でもリサーチしておきましょう。