2010/9/15 水曜日

税務調査官の数は

Filed under: 余談, 税務調査の準備 — 初心者 @ 9:50:22

山口大学が税務調査によって、大学教授が不正をしていた事件がありましたね。
税務調査によって目をつけられ、様々な内部調査でいろんなことが発覚してました。
5年間程度の間に実験用の物品を購入したとみせかせて、パソコンやデジカメ800点あまりを納品させていたそう。
そのパソコンやデジカメはどこにいったのでしょうか。元大学教授はパソコンは実験に使用したあと、捨てたと言っているそうですが。
おおよせ1億3000万円分の偽装購入が税務調査によって発見されたそうです。
5年間で1億3000万円とはすごいですね。
転売していたのでしょうか。そのコミュニケーション第三者の手にパソコンが渡っていることが取材等でわかっているらしいですが。
税務調査で不正をつきとめて、そのパソコンの製造番号等で調べたところ、アフターサービスを受けるためのユーザー登録をしている大学以外の人がいて30台の使用者は把握しているそう。
転売した相手がわかっているにも関わらず、元教授は、パソコンを電子レンジで加熱するほか、冷蔵庫で冷やしたりする実験で内部にあるLEDの耐久性なんかを調べてて、壊れたものは廃棄したとかなんとか。
残念な話です。

9月になって私のまわりでも税務調査の話をチラホラと聞くようになりました。
最低資本金が撤廃され会社の数も不況とはいえ増えてはいると思います。
しかし、税務調査官の数はほとんど変わっていないそうです。
一度税税務調査があると、3~4年くらいおきに会社を定期的に税務調査に行きたいところですが、結構期間があくことが多いように感じます。
でも、それをラッキーとして捉えるのはどうかなと思います。
それをわかっていても、税務処理に関しては、きちんと誠実にやるべきです。
これはどうかな。。。というグレーなと部分は今一度確認してきちんとした会計処理を行っていきましょう。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。