2010/1/6 水曜日

相続税は要注意!

Filed under: 税務調査の流れについて — 初心者 @ 9:25:35

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
今年初めの税務調査のお話しは、相続税にまつわるものについて述べていきたいと思います。

相続税の税務調査といえば、先に申告を行っていて、それが正しいのか、他に財産の申告に漏れや不正が無いかを確認するための、ある意味最終チェックのようなものです。
ですから、税務調査もかなり細かいところまで調べていくことの、心の準備をしておいてください。専門家が、とにかく丹念にチェックしていきます。税務調査が心配だと言う方は、事前に税理士に相談して、対応策を考えておくほうがいいかもしれません。

相続税の税務調査をするかどうかは、どれだけの遺産があるか(総額)やその内容、他にも家族構成などのいろんなデータを参考にして決めるようですが、やはり遺産総額が大きいと、税務調査のターゲットになるケースが多いようですよ。

税務調査の対象になると、税務署は具体的な税務調査のポイントを絞って、そのお宅にやってきます。預金通帳の提示を求められる以外にも、香典帳や電話帳までチェックしていくというウワサも。
建物や土地などの不動産関係は、あまり申告し忘れることは無いようですが、銀行に預けたままの貯金や有価証券(株式など)等は、うっかり・・・ということが結構多いようです。なので、税務調査官も、そのへんの確認はぬかりなく行うでしょう。気をつけてくださいね。

相続税の税務調査はとにかく緻密。プロに相談を考えておられる人は、実際に相続税関連の処理経験がある専門家に依頼することをオススメします!!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。